葬儀を行なう上で大切なことを徹底リサーチ!

事前に要チェック!葬儀の服装マナーを徹底調査

いつくるか分からない別れ

生活をしていると、老衰や病気、不運な事故などが原因で誰かが亡くなってしまううことも少なくはありません。身近にある友人や親族では葬儀に参列して故人を弔う訳ですが、家族なら自分たちが喪主となって葬儀を執り行わないといけません。そのため、事前に大切な情報を確認しておきましょう。

多くの人が利用してる葬儀プランを徹底調査!

no.1

近年利用者が急増してる家族葬

一般葬よりも葬儀の費用を抑えたいと考えている人達に人気の高い葬儀です。家族や親族のみで行なうので、比較的コンパクトな葬儀なのが特徴です。人数が少ないので、会場の規模が小さくて済み、周りを気にすることなく故人との思い出を振り返ることができますよ。

no.2

新しく登場した一日葬

火葬式や直葬とも呼ばれる一日葬は、お通夜と告別式を一日で終わらせてしまうというものです。費用がとても安いのが最大の特徴で、シンプルな式を行なえます。そのため、親族と連絡がつかない場合や金銭的な事情で、お通夜と葬儀を別で行なうのは負担に感じてる人達に需要が高いです。

no.3

葬儀の自由度が増す無宗教葬

宗教ごとにある作法やしきたりに縛られない葬儀の形式です。葬儀進行内容や棺の形など、さまざまなものを自分達で決定できるので、故人との別れを堅苦しく行ないたくない場合にピッタリです。

no.4

まだまだ需要の高い一般葬

昔は、葬儀の主流だったのが一般葬です。親戚や親しかった人を招いて行なう葬儀です。参列者が多く集まるので規模の大きい場合がほとんどです。多くの葬儀会社が提供してる形式なので、種類や料金設定が豊富なのが魅力のひとつなんです。

no.5

普通の葬儀とはちょっと違う社葬

社葬とは会社側が施主を務める葬儀の形式です。社葬と個人で行なう葬儀の大きな違いは、規模の大きさと葬儀の費用を会社が負担してくれることです。費用が高く、行なわれることもあまりない葬儀です。その死を悲しむとともに、故人が会社にもたらしてくれた業績を讃えることが目的のひとつです。

葬儀を行なう上で大切なことを徹底リサーチ!

お花

喪主や遺族は略礼装で良い

中原区では昔は、遺族や喪主は黒の着物をベースとした正式服装で参列していました。しかし最近では、略礼装のブラックスーツやブラックのフォーマルドレスを身に付けている人が多いです。しかし格式に上下がないが特徴です。服装の特徴は、
男性の場合
・シャツが白の無地で、ネクタイが黒の無地であること。
・ブラックスーツであること。(その場合はシングルかダブルが良い)
・ネクタイピンや派手なアクセサリー、時計は身に付けない。もし、カフスボタンを付ける場合には黒い石のアイテムが好ましい。
・靴下は黒の無地で光沢の無いものが最適。

女性の場合
・髪をまとめましょう。もし髪飾りを付ける場合には、光沢のない黒のものを選びましょう。
・結婚指輪以外のアクセサリーを控える。
・靴やバッグは黒の布製か光沢のないものが最適です。
・化粧はナチュラルに。マニキュアは良くないので、事前に落としておきましょう。
であることが好ましいです。

もし急に葬儀に参列することになったときの服装とは?

男性で仕事終わりにお通夜に出席する場合には、ネクタイや靴下の色を黒にすれば大丈夫です。女性なら、黒や落ち着いた色味のスーツやワンピースを身に着ければ問題ないです。もし急な訃報で手元にスーツがない場合には、あまりカジュアルにならないような服装を心掛けておくのが大切です。黒や濃いグレーなど暗い色味のブラウスやスカート、パンツを身に着けるのが最適です。この場合、サンダルやブーツなどを履くと、カジュアルダウンしまうので黒系のシンプルな靴やパンプスが好ましいです。

こどもを葬儀につれていくときの服装

基本的に、子供の礼服は学校制服です。しかし、幼い子の場合には制服で学校に行ってることが少ないです。もし制服がない場合には、白シャツかブラウスに黒や紺のズボンやスカートを合わせるのが最適です。また、季節によってはベストやブレザーを着せてあげましょう。上着を選ぶときには、派手過ぎない洋服であることは勿論のことですが、ボタンの色が暗いものが良いです。金や銀のボタンなら付け替えるのがお勧めです。髪が長い女の子の場合は、髪をスッキリとまとめてあげましょう。そのときに髪飾りをつけないのが大切です。靴下は白か黒でシンプルなものが良いでしょう。

広告募集中